基本情報

  • 名前:相川 野々香(あいかわ ののか)
  • 所属:東京工芸大学大学院 工学研究科(博士後期課程3年), 明海大学 総合教育センター

略歴

  • 2022.04 東京工芸大学大学院 工学研究科 博士後期課程 入学
  • 2022.03 東京工芸大学大学院 工学研究科 博士前期課程 修了
  • 2020.04 東京工芸大学大学院 工学研究科 博士前期課程 入学
  • 2020.03 東京工芸大学 工学部 卒業
  • 2016.04 東京工芸大学 工学部 入学

学会活動

  • 2023.12〜 電子情報通信学会 学生会員
  • 2023.11〜 教育システム情報学会 学生会員
  • 2021.04〜2023.03 日本感性工学会 学生部会「志学の会」 副代表
  • 2020.06〜 人工知能学会 学生会員
  • 2020.04〜2021.03 日本感性工学会 学生部会「志学の会」 幹部(広報担当)
  • 2020.03〜 日本感性工学会 学生会員

教育活動

  • 2024.04〜 明海大学 助教(浦安キャンパス総合教育センター)(学修の基礎Ⅲ-a,学修の基礎Ⅲ-b)
  • 2023.09〜 明海大学 非常勤助教(総合教育センター)(学修の基礎Ⅲ-a)
  • 2022.04〜2023.03 東京工芸大学工学部 ピア・サポーター
  • 2022.04〜2023.03 東京工芸大学工学部 TA(音声メディア処理,統計処理,JAVAプログラミング,情報工学演習,アルゴリズムとデータ構造,プログラミング基礎)
  • 2021.04〜2022.03 東京工芸大学工学部 TA(CG入門,Cプログラミング)
  • 2020.09〜2022.03 東京工芸大学工学部 学生アドバイザー
  • 2020.04〜2021.03 東京工芸大学工学部 TA(アルゴリズムとデータ構造,CAD,情報技術入門)
  • 2019.04〜2020.03 東京工芸大学工学部 SA(CG入門,情報技術入門,情報処理概論)

研究業績

受賞

  1. 2022年度 電子情報通信学会 教育工学研究会 研究奨励賞, (2022/11) (相川野々香, 前田新太郎, 茂木誠拓, 古池謙人, 東本崇仁, 今井功, 堀口知也, 平嶋宗: 力学を対象とした誤りに基づく問題提示システムを用いた授業実践におけるテスト結果の分析, 電子情報通信学会技術研究報告(ET), Vol. 122, No. 241, pp. 11–18, (2022/11))
  2. 第33回教育・学習支援システム若手の会 優秀奨励賞, (2022/10/22)
  3. 2021年度 人工知能学会 先進的学習科学と工学研究会(ALST) 若手奨励賞, (2022/04) (相川野々香, 古池謙人, 東本崇仁, 堀口知也, 平嶋宗: Error-based Simulationを対象にした因果推論理論に基づく自動的な補助問題生成法の検討, 人工知能学会第92回先進的学習科学と工学研究会, pp. 6–11, (2021/07))
  4. 2021年度 東京工芸大学 杉浦六右衛門賞 受賞, (2022/03)
  5. 2021年度 JSiSE学生研究発表会 支部長賞 受賞, (2022/03) (相川野々香, 前田新太郎, 茂木誠拓, 古池謙人, 東本崇仁, 今井功, 堀口知也, 平嶋宗: Error-based Simulationにおける学習者の誤り箇所に適応的な補助問題提示システムの中学校での授業実践, 2021年度JSiSE学生研究発表会, pp. 67–68, (2022/03))

査読付学術論文

  1. Aikawa, N., Maeda, S., Mogi, T., Koike, K., Tomoto, T., Imai, I., Horiguchi, T., and Hirashima, T.: Classroom implementation of an auxiliary problem presentation system for mechanics adapted to learners’ errors, Research and Practice in Technology Enhanced Learning, Vol. 19, Article 26, pp. 1-28 (2024/01)
  2. 相川野々香, 古池謙人, 東本崇仁, 堀口知也, 平嶋宗: 力学を対象としたError-based Simulationにおける行き詰まりの解消を指向した補助問題の提示システム, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol. J106-D, No. 2, pp. 132-143, (2023/02)
  3. 相川野々香, 齊藤寛, 古池謙人, 東本崇仁: 力学における学習者の誤りに基づいた問題提示(Error-based Problem Posing)システムの開発, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol. J106-D, No. 2, pp. 144-155, (2023/02)
  4. 相川野々香, 古池謙人, 東本崇仁: Error-based Simulation (EBS)における学習者の誤り傾向に基づく問題の行詰まり解決支援システム, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol. J103-D, No. 9, pp. 644–647, (2020/05)

国際会議

  1. Aikawa, N., Hiramoto, C., Tomoto, T., Horiguchi, T., and Hirashima, T.: Learning Support System for Relationships among Forces, Accelerations, Velocities, and Movements in Error-based Simulation, HCI International 2024. Lecture Notes in Computer Science, vol 14691., pp. 3–15, Springer, (2024/07)
  2. Nakamura, Y., Aikawa, N., and Tomoto, T.: Analysis of Feedback in Error Visualization Systems Using Thinking Aloud Protocol, HCI International 2024. Lecture Notes in Computer Science, vol 14690., pp. 95–110, Springer, (2024/07)
  3. Jumonji, T., Aikawa, N., and Tomoto, T.: Development of a Semi-Active Learning Support System with Operation Index for the Mathematics of Vectors, Workshop proceedings of the International Conference on Computers in Education ICCE 2023, pp. 333–342, (2023/12)
  4. Aikawa, N., Maeda, S., Mogi, T., Koike, K., Tomoto, T., Imai, I., Horiguchi, T., and Hirashima, T.: Analysis of Classroom Test Results for an Error-based Problem Presentation System for Mechanics, HCI International 2023. Lecture Notes in Computer Science, vol 14016., pp. 213–224, Springer, (2023/07)
  5. Aikawa, N., Maeda, S., Mogi, T., Koike, K., Tomoto, T., Imai, I., Horiguchi, T., and Hirashima, T.: Practical Use of an Error-based Problem Presentation System in Mechanics, Proceedings of the 30th International Conference on Computers in Education ICCE 2022, pp. 118–123, (2022/12)
  6. Aikawa, N., Koike, K., Tomoto, T., Horiguchi, T., and Hirashima, T.: Automatic Generation Rules for Auxiliary Problems Based on Causal Relationships for Force in a Mechanics Learning Support System, HCI International 2022. Lecture Notes in Computer Science, vol 13305., pp. 437–450, Springer, (2022/06)
  7. Aikawa, N., Koike, K., Tomoto, T., Horiguchi, T., and Hirashima, T.: Characterization of Auxiliary Problems for Automated Generation in Error-based Simulation, HCI International 2021. Lecture Notes in Computer Science, vol 12766., pp. 3–13, Springer, (2021/07)
  8. Aikawa, N., Koike, K., and Tomoto, T.: Analysis of Learning Activities with Automated Auxiliary Problem Presentation for Breaking Learner Impasses in Physics Error-based Simulations, Workshop proceedings of the International Conference on Computers in Education ICCE 2020, pp. 72–83, (2020/11)

研究会

  1. 十文字智人, 相川野々香, 東本崇仁: ベクトルを対象として操作指標を用いた半主体的な学習を促す環境の開発と評価, 人工知能学会第100回先進的学習科学と工学研究会, pp. 109–114, (2024/03)
  2. 中村祐希人, 相川野々香, 東本崇仁: 誤りの可視化システムにおけるもっともらしさ向上を指向した解答と可視化の対応付け手法の提案, 2023年度JSiSE学生研究発表会, pp. 31–32, (2024/02)
  3. 相川野々香, 前田新太郎, 茂木誠拓, 古池謙人, 東本崇仁, 林健彦, 今井功, 堀口知也, 平嶋宗: EBSにおける力の因果関係に基づく補助問題自動生成システムの授業実践の結果の分析, 人工知能学会第100回先進的学習科学と工学研究会, pp. 30–35, (2024/03)
  4. 中村祐希人, 相川野々香, 東本崇仁: 誤りの可視化システムのフィードバックに対する発話プロトコル分析を用いた分析方法の提案と結果, 人工知能学会第98回先進的学習科学と工学研究会, pp. 7-12, (2023/07)
  5. 関川千紗子, 相川野々香, 東本崇仁: 力学の立式に用いる力の要素に着目した物理現象の可視化による学習支援システム, 教育システム情報学会特集論文研究会研究報告, Vol. 37, No. 7, pp. 116-121, (2023/03)
  6. 相川野々香, 前田新太郎, 茂木誠拓, 古池謙人, 東本崇仁, 今井功, 堀口知也, 平嶋宗: 力学を対象とした誤りに基づく問題提示システムを用いた授業実践におけるテスト結果の分析, 電子情報通信学会技術研究報告(ET), Vol. 122, No. 241, pp. 11–18, (2022/11)
  7. 十文字智人, 相川野々香, 東本崇仁: ロバストシミュレータのヒューリスティクスを用いたベクトルを対象とした2種類の誤り可視化の分析と再設計, 人工知能学会第95回先進的学習科学と工学研究会, pp. 15–19, (2022/07)
  8. 十文字智人, 相川野々香, 東本崇仁: ベクトル学習のための誤りの可視化による学習支援システムの開発, 人工知能学会第94回先進的学習科学と工学研究会, pp. 1–6, (2022/03)
  9. 齊藤寛, 相川野々香, 古池謙人, 東本崇仁: 力学における学習者の誤答に基づいた誤り作問システムの開発と評価, 人工知能学会第94回先進的学習科学と工学研究会, pp. 7–12, (2022/03)
  10. 十文字智人, 相川野々香, 東本崇仁: ベクトルを対象とした2つの誤り可視化を行う学習支援システムの開発と評価, 2021年度JSiSE学生研究発表会, pp. 63–64, (2022/03)
  11. 相川野々香, 前田新太郎, 茂木誠拓, 古池謙人, 東本崇仁, 今井功, 堀口知也, 平嶋宗: Error-based Simulationにおける学習者の誤り箇所に適応的な補助問題提示システムの中学校での授業実践, 2021年度JSiSE学生研究発表会, pp. 67–68, (2022/03)
  12. 相川野々香, 古池謙人, 東本崇仁, 堀口知也, 平嶋宗: Error-based Simulationを対象にした因果推論理論に基づく自動的な補助問題生成法の検討, 人工知能学会第92回先進的学習科学と工学研究会, pp. 6–11, (2021/07)
  13. 相川野々香, 古池謙人, 東本崇仁, 堀口知也, 平嶋宗: Error-based Simulationにおける自動的な補助問題生成法の提案, 人工知能学会第91回先進的学習科学と工学研究会, pp. 105–110, (2021/03)
  14. 相川野々香, 古池謙人, 東本崇仁: 行詰り解決を指向したError-based Simulationシステムの補助問題提示機能による学習活動の分析, 人工知能学会第89回先進的学習科学と工学研究会, pp. 17-20, (2020/07)
  15. 相川野々香, 東本崇仁: Error-based Simulationにおける学習者の誤り傾向に基づく適応的な補助問題提示システムの開発と評価, 人工知能学会第88回先進的学習科学と工学研究会, Vol. 88, pp. 97–102, (2020/03)
  16. 相川野々香, 東本崇仁: EBSにおける学習者の誤り傾向に基づく問題の行詰まり解決支援システムの提案と予備的評価, 人工知能学会第87回先進的学習科学と工学研究会, Vol. 87, pp. 28–31, (2019/11)

全国大会

  1. 荻田将徳, 前田新太郎, 相川野々香, 古池謙人, 東本崇仁: 教える活動を通じた物理における制約理解を指向した Teachable Agent Module for Error-visualization の開発, 教育システム情報学会全国大会講演論文集, pp. 111–112, (2023/08)
  2. 十文字智人, 相川野々香, 東本崇仁: ベクトルを対象とした操作の要求により半主体的な試行錯誤を促すシステムの提案, 教育システム情報学会全国大会講演論文集, pp. 119–120, (2023/08)
  3. 相川野々香, 前田新太郎, 古池謙人, 東本崇仁, 堀口知也, 平嶋宗: 力学における力の因果関係に基づく再帰的な補助問題自動生成システムの試作, 教育システム情報学会全国大会講演論文集, pp. 261–262, (2023/08)
  4. 相川野々香, 前田新太郎, 古池謙人, 東本崇仁, 堀口知也, 平嶋宗: 力学を対象とした力の因果関係に基づく補助問題の自動生成システムの開発, 人工知能学会全国大会論文集 第37回, pp. [1R5-OS-10b-03], (2023/06)
  5. 十文字智人, 相川野々香, 東本崇仁: ベクトルを対象とした半主体的な学習を促す学習環境の提案, 人工知能学会全国大会論文集 第37回, pp. [2R1-OS-10c-05], (2023/06)
  6. 荻田将徳, 相川野々香, 古池謙人, 東本崇仁: 物理を題材としたTeachable Agent Modeling for Error-visualizationにおける制約の提案, 第24回日本感性工学会大会, p. [1D-1-07], (2022/08)
  7. 荻田将徳, 前田新太郎, 相川野々香, 古池謙人, 東本崇仁: 物理における制約の理解を指向したTeachable Agent Modeling for Error-visualizationによる学習手法の提案, 教育システム情報学会全国大会講演論文集, pp. 171–172, (2022/08)
  8. 十文字智人, 相川野々香, 東本崇仁: ベクトルを対象とする誤り可視化のロバストシミュレータにおけるヒューリスティクスによる分析, 教育システム情報学会全国大会講演論文集, pp. 251–252, (2022/08)
  9. 相川野々香, 前田新太郎, 茂木誠拓, 古池謙人, 東本崇仁, 今井功, 堀口知也, 平嶋宗: 力学における学習者の誤りに適応的な問題提示システムの授業実践の報告, 教育システム情報学会全国大会講演論文集, pp. 301–302, (2022/08)
  10. 相川野々香, 古池謙人, 東本崇仁: 力学学習支援システムにおける補助問題の自動生成ルールの提案, 第23回日本感性工学会大会, p. [1D01-10-03], (2021/09)
  11. 相川野々香, 古池謙人, 東本崇仁: Error-based Simulationシステムにおける行詰り解決のための学習履歴を用いた補助問題提示方法の提案, 第22回日本感性工学会大会, p. [2B06-10-04], (2020/09)
  12. Aikawa, N., and Tomoto, T.: Development and evaluation of an adaptive auxiliary problem presentation system based on learner’s error tendency in Error-based Simulation, The 34th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, p. [1G4-ES-5-04], (2020/06)

その他

  1. 相川野々香: 力学における学習者の誤りに基づく補助問題提示システムの授業実践の結果の分析, リサーチ・コ・コ・コモンズ, (2022/12)
  2. 相川野々香: 自律的な学習を支援する補助問題の自動生成システム, ラーニングイノベーショングランプリ2021, (2021/08)
  3. 相川野々香: EBSとマイクロワールドグラフによる問題の行き詰まり解決支援システム, リサーチ・コ・コ・コモンズ, (2019/11)

実践利用

  1. 2023年11月13日 〜 2023年11月16日 Error-based Simulation利用,千葉市立さつきが丘中学校,3年生3クラス(約90名), 各3時限
  2. 2023年11月17日 〜 2023年11月22日 Error-based Simulation利用,千葉市立都賀中学校,3年生4クラス(計121名), 各3時限
  3. 2021年12月9日 〜 2021年12月14日 Error-based Simulation利用,千葉市立さつきが丘中学校,3年生3クラス(約90名), 各3時限